2022年12月11日(日)日本閣にて無料開催!『八王子Short Film映画祭』

あい

今年で10周年を迎える『八王子Short Film映画祭
今年はどんな映画作品が集結したのでしょうか・・・?!

開催が近づいてきたので、情報をお伝えします~!

八王子Short Film映画祭とは?

八王子Short Film映画祭実行委員会による映画祭。
無名の映画監督、映像作家、俳優などの新人映画人を発掘し、
将来『新人映画監督の登竜門』と呼ばれる事を目標に活動中!!

一般部門』の他に、市内の大学・専門学校等を中心に声掛けをする『学生部門』と分けて作品の募集を行ってます。

エントリーの条件は【テーマに沿った15分程度の未発表の短編作品】とし、他の映画祭との違いを明確に打ち出してるのが特徴。 今回のテーマは『出会い』『愛』『結婚』 回を重ねるごとに、クオリティーは益々上がってきており、今年で10回目の開催に!!

最終的に予備審査、本審査を経てグランプリ準グランプリを選出し表彰を行うイベントです。

■ 八王子Short Film映画祭

過去記事はコチラ👇

八王子Short Film映画祭2018!!『カメ止め』監督も参加した”新人監督の登竜門”!?

未来の巨匠を目指す"新人監督の登竜門"と 文化の街・八王子の"町おこし" を目的に毎年開催されているイベント 八王子Short Film映画祭 「愛」・「出会い」・「結婚」をテーマに 八王子をロケ地として撮影し[…]

第10回八王子ShortFilm映画祭のご案内

「出会い」「愛」「結婚」をテーマに未来の巨匠をめざす新人監督の短編映画祭。
特別審査員として『カメラを止めるな!』でお馴染みの上田慎一郎監督と『ミッドナイトスワン』の森谷雄プロデューサーもお越しになります。

開催日時
2022年12月11日(日)
受付 12:20~ / 開会 13:00~

入場料
無料

会場
Royal Garden Palace 八王子日本閣
※当日はJR八王子駅南口より、シャトルバスを運行いたします。

予約方法について
当日の入場には事前登録が必要です。下記のリンク先より、お申込みをお願い致します。

あい

映像当日の様子がなんと!
YouTubeチャンネル『八王子TV』で配信されます👍
会場に行けない方はぜひご活用くださいね!

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策として以下を実施していきます。

①手指の消毒
②検温の実施
③収容人員の削減
④換気の徹底

一般部門 最終選考作品

ノミネート作品の予告動画をご紹介します🎬

最後の生活 / 渡邉 高章

~あらすじ~
父を亡くしてから学校へ行かなくなった小学生の春陽の元に、母の兄である小説家の「おじさん」がやってきた。
春陽とおじさんの心の交流を描いたある夏の物語。

監督プロフィール
渡邉 高章(わたなべ たかあき)
東京生まれ湘南育ち。二児の父。日本大学芸術学部映画学科卒。映画やドラマの演出部・制作部を経て、現在は会社員の傍ら、「ザンパノシアター」にて映像制作をしている。

毎年短編映画を精力的に制作し、いずれも国内外の映画祭で受賞歴がある。
近作は、『I Forget』、『宝の庭』など。2021年8月、中編『土手と夫婦と幽霊』が東京を皮切りに劇場公開。自身初の劇場公開となった。

Quiz Seventh Heaven / 渡邉 広樹

~あらすじ~
タナカ・カズトシが目を覚ますと、そこは異世界だった。
目の前に現れた女性は、自分を神と名乗り、ここは天国であるという。 天国の様々な魔法を見て、自分が死んだことを理解するカズトシ。
神は、「ここでは全ての夢が叶う」と伝えてくる。

巨人のように大きくなりたい、目からビームを出してみたい、箒に乗って空を飛んでみたい。
果たして、カズトシの願いとは?

監督プロフィール
渡邊 広樹(わたなべ ひろき)
東京工業大学卒業。「笑うポーカーフェイス」というチームの監督・脚本・撮影・編集・VFXを担当し、YoutubeやTikTokに動画を公開している。

コロナ禍でリモート撮影された「Zoom飲みしてたら戦闘開始した」は、現在TikTokで590万回再生されている。
笑うポーカーフェイスと東京書籍とのコラボで制作した化学の覚え歌は、2022年より高校化学基礎の教科書に掲載され、全国の高校生に楽しまれている。

「宅飲みで知った友人の秘密」 (監督・脚本・撮影・編集・VFXとして)
・第9次映画事変3分映画宴(2019) 準グランプリ
・MY RØDE REEL2019 BEST JAPANESE FILM部門 ファイナリスト
・THE GREAT CANADIAN SKETCH COMEDY FILM FESTIVAL(カナダ・トロントで開催)

「STRING FIGURES (ANIME STYLE) 邦題:あやとりアヤカ」(監督・脚本・撮影・編集・VFXとして)
・NIKON PHOTO CONTEST 2020-2021 動画部門 奨励賞
・ハンブルグ日本映画祭2022 招待上映

「とろろそばと私」~媽媽的味道~

~あらすじ~
台湾と日本のアジアンハーフ美玲(メイリン)はデザイナーに成る夢を求めて日本に留学し3年目の夏を迎える。
彼氏の直人とは数ヵ月前より同棲を初め、勉強に恋愛に充実した日々を送っていた。

直人が気になる事は美玲が台湾の話をあまりしてくれない事だった。
直人は夏の高尾山デートに美玲を誘う、 美しい自然に圧倒される美玲そして、行き交う人々との触れ合い。

頑張ったご褒美は直人がリサーチしてくれた名物のとろろそば屋さん。美味しさに感動する美玲どこか懐かしい味さえする。

初めて訪れたとろろそば屋の女将さんは私の名前を知っていた・・・なぜ?
回想シーンでは、初のリモート撮影による台湾の映像と両国の字幕スーパーもお楽しみ下さい。

監督プロフィール
江連 健司(えづれ けんじ)
神奈川県出身。大学卒業後、師・中尾彬の弟子となり、役者として身を置く決意をする。

映画・テレビ・舞台・CM・情報バラエティー多数出演。
2013年より映像制作集団“WanderWonderFilm”を主宰し演出活動にも力を入れている。
役者目線からの人物描写は異色とも思える演出を信条としている。

BASEBALL CAP / 光平 哲也

~あらすじ~
突然の母親の死…遺品から出てきたベースボールキャップ。それはまだ見ぬ父親のものだった…。
主人公・武司は、母親の高校時代の写真やスクラップブックに写る高校球児を探し始める。

分かってきた彼の行き先は…東京。
家族を亡くし、家族を探し、家族を作る…武司は自分なりの家族のカタチを求め東京に向かう。

監督プロフィール
光平 哲也(みつひら てつや)
大阪府出身。主に東京で映画やドラマの助監督として活動中。

参加作品に映画『釣りバカ日誌 18』『セカンドバージン』『RE:BORN』『新聞記者』、ドラマ『警視庁・捜査一課長』『刑事7人』『彼岸島』『黒革の手帖ス ペシャル拐帯行』『美食探偵』など。

2014年に自主製作作品 『About a Dream』で監督 デビュー。
2018 年初長編自主映画『ROAD』を製 作、新人監督映画祭に入選。
2020年中編自主映画 『薔薇色の人生』を製作、日本映像センター第12回 映像グランプリ入選。

2023年劇場公開予定の長編自主映画『ある日、ある女。』京都国際映画祭クリエイターズ・ファクトリー2021優秀賞、主演賞受賞、【TKFFC2021】広島こわい映画祭賞受賞、第23回ハンブルグ日本映画祭賞(JFFH2022)受賞トップ10選出、ブルックリン サイファイ映画祭TKFFC2021入選、ボーデン国際映画祭2022月間主演賞受賞、CKF国際映画祭2022月間主演賞受賞、 ブラックスワン国際映画祭2022月間実験映画部門卓越した功績賞受賞、 スウェーデン国際映画祭(SiFF.)入選、モントリオール インディペンデント映画祭入選、マスターズ オブ シネマ 国際映画祭入選、バルセロナ インディーズ フィルムメーカーフェスト•BARCIFFフューチャームービー 3部門ノミネート(オフィシャルセレクション、監督賞、ベストアクトレス)、メトロポリス映画祭 (イタリア・ミラノ)Best Feature Film(長編部門)入選 など他にも多くの映画祭に入選。

フツー / 月足 直人

~あらすじ~
春。“フツー”のレズビアンカップルである愛美と杏子。
二人は約束された幸せな未来をともに過ごしていくはずだったが、事態は一転する……

二人の“フツー”を桜が見届ける愛の物語。

監督プロフィール
月足 直人(つきあし なおと)
1981年生まれ、神戸出身。テレビ番組AD、CMの制作部を経て、現在フリーランスで映画・Web-CMの演出を行う。

「人生死刑執行中!」これが僕のテーマです。人は生まれた時から死ぬために生きていくので、どうせなら楽しいことを一生懸命やろうと思っています。

『こんがり』(2019)国内外でグランプリを含む賞を受賞。
『Are you happy?』(2019)TOKYO 48 Hour Film Project 観客賞
『のぞみ』(2021)映文連アワード2022 パーソナル・コミュニケーション部門 部門優秀賞 など

おぼえてる / 海老澤 憲一

~あらすじ~
認知症デイサービスを利用する井上愛子。
久しぶりに愛子の娘・みどりが介護施設へ会いに来る。

数日後に結婚式を控えていたみどりは、愛子の現状を考え、結婚式への参列を断念する。
結婚式当日、愛子はいつも通り介護施設で過ごす。

しかし面会に来ていた小さな女の子を見て、何かを思い出した愛子は、突然施設を飛び出して行ってしまう。

監督プロフィール
海老澤 憲一(えびさわ けんいち)
1975年生まれ。映像ディレクター。KAIKOH所属。企業広告を中心に、近年は官公庁の映像などを制作。

2016年 俳優の沖正人と共同監督ユニット「コーエンジ・ブラザーズ」を結成。
2018年 初めて制作した短編「BOURBON TALK」が「愛と、酒場と、音楽と」の一編として劇場公開。
2019年 長編「お口の濃い人」劇場公開。第24回函館港イルミナシオン映画祭オーディエンス・アワード受賞。
今回初めて、自ら手がけた脚本を監督する。

あい

ちなみに学生部門からは4作品ノミネートしてます👏
詳細はWEBサイトを要チェックです✨

映画祭開催の当日を楽しみに待ちましょう~♬

毎月Amazonギフト券をプレゼント!
最新情報を
チェックしよう!