若き店主が焼くこだわりの焼き鳥店がオープン!八王子『やきとり ごおで』

若き店主が焼くこだわりの焼き鳥店がオープン!八王子『やきとり ごおで』
pekohara

八王子駅南口に若い店主による焼き鳥店がオープン!

4月にオープンしたばかり!若き店主の焼き鳥店

八王子駅南口にある子安公園の斜向かいに焼き鳥店がオープンしました。


提灯と暖簾が新規店とは思えない雰囲気を漂わせています。

バーのようなおしゃれな店内。カウンターは間仕切りされた5席。

対面が間仕切りされた4人がけのテーブル席が2卓あります。

ドリンクメニュー

生ビールは『アサヒスーパードライ』。大衆酒場好きには嬉しい『ホッピー』もあります。定期的に通う方向けにメニュー外にも豊富にボトルを用意しているようです。

ノンアルコールビール 330円

取材時は種類提供自粛期間のためノンアルコールビールで乾杯。でも今のノンアルビールってレベルが高いですね。ビールとそんなに変わらない気分。

こだわりの日本酒

質の高い日本酒を定期的に変えながら提供していくとのこと。この日のラインナップは『紀土』『一白水成』『くどき上手』でした。

フードメニュー

フードメニューはこちら。メインの串焼きは130円、143円、165円、198円の4価格帯。全体的にリーズナブルな値段設定が嬉しいですね。

おまかせ串盛り5本 682円

看板メニューの焼き鳥を『おまかせ串盛り5本』で注文。新鮮な鶏肉を提供するために、立地が近い山梨の『信玄どり』を使用しています。

レバー(単品で143円)

鮮度がいちばん関わってくるのがレバー。新鮮だからこそできる、とろっとレア気味な焼き加減。ごま油と食感を少し残してすった山葵で食べます。

手羽中(単品で165円)

骨のまわりの肉を削いで中に丸め込んで串打ちされた手羽中。噛むとじゅわっと旨味が溢れてきます。

ささみ(単品で198円)

淡白な部位だからこそ火の通し加減や塩の振り方で変わってくるささみ。大ぶりな身が嬉しいですね。

せせり(単品で165円)

プリプリっとした食感が心地いいせせり。ささみと同様、柚子胡椒で食べます。

はつもと(単品で165円)

はつとレバーをつなぐ、一羽からわずかしか取れない希少部位のはつもと。脂身の弾力と内臓の食感を併せ持った魅力的な部位をタレでいただきます。

だし巻きたまご 528円

ふわふわで、だしがよく効いただし巻きたまごもオススメ。

串入れがミニチュアのビールケースなのがお茶目ですね。

店名の『ごおで』は、店主(左)の親族の苗字『郷出』(ごうで)から取ったのだそう。自身が奈良県を出て東京でがんばっているように、故郷を出てがんばっている人たちの心のよりどころになるような場所を提供したいという強い思いを話してくれました。

pekohara

八王子でも20代、30代の若い世代がお店を持つことが増えてきたなか、26歳の若さでお店を出したのはすばらしいですね。大変な時期での開店ですが、これからの活躍を期待しています。

やきとり ごおで

※情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認ください。

住所
東京都八王子市万町50 尾川ハイツ1F
アクセス
八王子駅南口 徒歩12分
営業時間
月~木曜日:17:00〜23:00
金・土曜日:15:00〜24:00
日曜日・祝日: 15:00〜23:00
Instagram
@yakitori_gode
店舗情報を開く

関連タグ

WRITER

pekohara

pekohara

記事一覧

八王子在住のフォトグラファー、グルメブロガー。酒と美味しいものが大好きな2児の父親です。