長野愛に溢れた女性シェフの織りなすイタリアンとワインを堪能『福祐』

Early Walker(アリオカ)

みなさんこんにちは。ワイン大好き、Earlyです。
今回から、ワインのお店を紹介する『Early Wine』のコーナーを担当することになりました。

第一回目でご紹介させていただくのは、長野県産の食材やワインを中心とした絶品イタリアンを提供する『Trattoria 福祐』さんです。

こんなお店!

Trattoria 福祐(トラットリア ふくすけ)』は、女性オーナーシェフの祐子さんがつくる、旬の食材を活かしたおいしい料理と、200~300種にも及ぶ長野県産ワインは、長野県のポテンシャル、そして魅力を存分に堪能できると評判なんです。

イタリアン好き、ワイン好き、そして長野県好きなら絶対に行ってほしいお店です!

場所は八王子駅北口から徒歩6分程度、ユーロード脇の通りに入ったこちらのビル。

Trattoria 福祐

階段を上がり2階です。

Trattoria 福祐

目印は、福祐の看板キャラクター。

Trattoria 福祐

所在地 : 東京都八王子市横山町11-12 ムサシビル2F

店名の由来は、オーナー兼シェフの祐子さんが自身の名前の一文字をとりたかったこと、またもともと「福裕(ふくゆう)=神の助け、幸せ」という言葉もあったので名付けたのだそう。お店のロゴ・キャラクターは、長野県在住のデザイナー・轟さん作。とってもかわいらしいですね!

店内は、重厚なカウンターと大きな窓が印象的なオープンキッチンと、ワインセラーがあり、コンパクトながらも明るく開放感に溢れた空間が素敵です。

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

祐子さんは、パスタ好きが高じて、高校卒業後に京都のイタリアンで13年、その後長野のイタリアンで6年の修行を経て、2019年7月に福祐をオープンしました。

Trattoria 福祐

京都時代には、芸能人や歌舞伎役者の接客をしたり、長野時代には農家さんと一緒に野菜づくりをするなど、とてもユニークな経歴の持ち主。
「すべての経験が、いまの自分にとって宝物です。」と話す祐子さんはとっても気さくで明るく、まさにお店の雰囲気そのもの。

Early Walker(アリオカ)

そんな祐子さんこだわりのお料理やワイン、さっそくご紹介していきましょう!

絶品イタリアン、ワインと一緒にいただきます!

まずはフード。ボードにはおいしそうなメニューがズラリ。全部食べてみたくなってしまいます(笑)
基本的にこちらのメニューからアラカルトでオーダーします。

Trattoria 福祐

また、ドリンクはメニューがありません。というのも、お店の方針として「ワイン」を全面に推しているので、あえてドリンクのメニューは用意していないそう。
ビールもありますのでご安心を~。
ワインの価格はグラスワインが800円~ボトルワインは5,000円~ビールは600円でご用意があるそうです。

白ワイン&チーズ

さぁ、まずは一品目。パッと目を引くのはやはり長野県産の食材たち。その中から、長野県中野市マスニ農園の
無添加ドライフルーツ(600円)』と『佐久市ボスケソのチーズ(800円)

Trattoria 福祐

乾杯の白ワインは『信州たかやまワイナリーのソーヴィニヨンブラン』をチョイス。
清涼感たっぷりで瑞々しいマスカットの香り。まろやかで心地よい酸の後に感じる口いっぱいの、爽やかなぶどう感がたまりません!

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

ドライフルーツを一口かじると、ほのかに香る紅茶の風味がとても上品。
白ワインのさわやかなマスカット感に、このドライフルーツはGood。そして驚いたのがボスケソのチーズ(ヤギと牛)たち。ヤギのチーズは初めてでしたが、これがピリリとした酸がありつつ、濃厚なチーズのとろみとまろやかさがこれまたワインに合う!

ちなみに『ボスケソチーズラボ』さんは、ジャパンチーズアワードで最優秀部門賞と金賞、銅賞を4つも受賞されている超・超有名なお店!!

それはおいしいはずですよね~!また、 マリアージュは産地を合わせるなんて言われますが、まさにその通りですね。いや~、チーズとワインですでに感動しました!

赤ワイン&煮込み

二品目は『トリッパと牛スジのトマト煮(1,000円)』をオーダー。 合わせて、ワインも赤に変更。

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

ここで出てきたワインが『塩尻シラー
シラーらしいスパイシーさはありつつも、さわやかでさらりとした口当たり、後味の程よいアルコール感が非常に良いですね!

これは、トリッパに合わないわけがない!しっかりと煮込まれてホロホロになったトリッパと、牛スジのコリっとした食感、トマトの酸味と甘みに、このシラーが良く合います!

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

それにしても、店内はいつも祐子さんの笑顔や笑い声でいっぱい。
とっても楽しく嬉しそうにお料理されているのが、すごく素敵なんです。そんな祐子さんの明るい雰囲気が、食事をより一層おいしくしているんだなぁ、としみじみと感じます。

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

と、ここで常連さんにおススメを聞いてみることに。

「その日その日のメニュー全てがおすすめ!」とのことでしたが、初めての人に食べてほしいものをお聞きすると、定番の『甘えびガーリックトースト』と『北海道産真鱈の白子のピカタ』は外せない!ということで、はりきって注文!

Trattoria 福祐

白ワイン&甘えびガーリックトースト

まずは『甘えびガーリックトースト』がやってきました!
ペースト状になった甘えびにバターの風味、そしてガーリック!食べれば食べるほどおなかがすいてくる、止められないおいしさ♪

Trattoria 福祐

そんな中、ワインも白に変更。

Trattoria 福祐

こちらは『塩尻シャルドネ
ナイトハーベストという夜明け前に収穫したワインとのことで、シャルドネらしいフルーティらしさと樽感を感じつつも、のど越しは爽やかでミネラリー。

Trattoria 福祐

白子のピカタ

最後は『北海道産真鱈の白子のピカタ

Trattoria 福祐

白子のぷりぷり感と、とろりと口の中にとけるまろやかな甘みがたまらない!
シャルドネと最高のマリアージュを体験できました。ああ、ずっと味わっていたい・・・(笑)

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

魅惑のお料理を一挙紹介!

ほかにも、季節ごとに旬の食材をふんだんに使ったお料理がたくさんありますので、その一例をご紹介しましょう。ワインに絶対合うし、食べたくなること間違いなしですよ!

■ラザニア

Trattoria 福祐

■信州プレミアム牛

Trattoria 福祐

■塩ウニの冷製パスタ

Trattoria 福祐

■イタリア産黒トリュフのリゾット

Trattoria 福祐

■牛タンのソテー サルサヴェルデソース

Trattoria 福祐

■穴子のフリット

Trattoria 福祐
Early Walker(アリオカ)

いかがですか?
季節ごとに伺って、それぞれに合うワインと一緒に楽しむしかないですね!

祐子さんの想いと、大切にしていること。

最後に、祐子さんがここまで長野に想いを馳せている理由や背景を聞いてみました。

Trattoria 福祐

祐子さん「京都のイタリアンレストランで修行していたとき、たまたま長野県産の野菜を仕入れたことがあって。もともと野菜はあまり好きじゃなかったのですけれど、そのあまりのおいしさに衝撃を受けたのが、長野に興味をもったきっかけでした。」

Trattoria 福祐

――長野に移住までされたんですよね?

祐子さん「はい(笑)そのあと、思い切って長野に移住して現地のイタリアンレストランでお世話になったのですが、その時は八百屋もかけもちでやっていて。農家さんともすごく仲良くなって、野菜作りの苦労や情熱なども深く知ることができたのも、自分にとってはものすごく大きな出来事でした。

農家さんとの良い関係ができる中で、レストランで使いやすい野菜やサイズ感などもお伝えしながら、実際に生産の現場を見ることでどんどん長野への愛着が増していきましたね。」

――ワインについては、なにかきっかけはあったんですか?

祐子さん「長野でワイナリーを立ち上げた成澤さんが団長を務める『NAGANO WINE 応援団』に参加させていただき、ワイナリーの方とイベントやコミュニティに参加することで、長野ワインの魅力にどんどんハマっていきました(笑)」

Trattoria 福祐

祐子さん「成澤さんがワイナリーを立ち上げられて『長野ワインの良さを知っていただく=文化として根付かせる』ために、真っ直ぐに取り組まれている姿勢に、周りのみなさんも感動と共感をしていました。それもあって、わたしも『長野魂』で八王子の皆様にも、福祐を通じてもっと長野の魅力を知っていただけたらな、と思って頑張ってます!

Trattoria 福祐 Trattoria 福祐

――実際にお客様からも、うれしい言葉をいただいているのだそうですね。

祐子さん「はい!お客様から、『いままでフランスワインを飲んでいたけれど、長野ワインってこんなにおいしいんだね!』『長野のワインだけでもこんなにあるんですね!お料理ともすごく相性が良くてとってもおいしい!』という感想もいただけるようになりました!

――このお店がきっかけで、みなさん長野の魅力に気付くのですね!

祐子さん「長野に貢献できているようで、本当にうれしいです。これからも、長野のワイナリーや、長野の『こんなところに行ってみたい』といった希望を聞いてツアーなど企画したりして、更に長野を盛り上げていきたいと思っています!」

Early Walker(アリオカ)

福祐さんのお料理とワインの数々、いかがでしたか?
長野の生産者の方の想いも丸ごと詰まった、絶品のイタリアン。まさに『長野のプライドを宿したイタリアン』と呼ぶにふさわしいと、ぼくは思いました。
ぜひ一度、祐子さんのお料理やワイン、そして会話をゆっくり楽しんでいただきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※コロナ感染症対策として席数を減らして営業しています。
ご来店の際には、事前にお店に確認をされるかご予約をおすすめいたします。

毎月Amazonギフト券をプレゼント!

Trattoria 福祐 (トラットリア ふくすけ)

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市横山町11-12 ムサシビル2F
アクセス
八王子駅北口 徒歩6分
営業時間
18:00〜23:00
定休日
日・月曜日
電話
042-649-3454
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100063453105664
Instagram
@trattoriafukusuke
最新情報を
チェックしよう!