【よみっこ】今年は10日早く蛍

地域情報紙「よみっこ」

皆さんこんにちは!
読者の方から「今年も蛍が飛び始めた!」という情報をいただいたので、そのご紹介をします。

湯殿川椚田中の裏エリア広がる

昨年、一昨年より10日も早く蛍の便りが届きました。
生息エリアも徐々に広がっているようです。場所、時間帯、気候条件、マナーなどをお知らせします。

『私の自宅の裏に5年前から飛び始めました。自分だけ見ているのは、もったいないですから、よみっこさんはじめ、多くの方にお知らせしています。』と、
毎年、蛍が飛び始めると連絡をしてくれる加藤さん。

場所は、北野街道、椚田中学校角の信号を南へ。湯殿川、境橋付近です。
(チューリップ畑のある場所です。その畑を世話しているのが加藤さんです)

昨年までは、約200m下流が一番のスポットでしたが、今年は蛍の数、エリアが広がったのか、境橋から眺めるとたくさんの蛍が飛んでいるのが見えました。

蒸し暑い夜が好条件

連絡を頂いたのは、5月25日。昨年、一昨年の連絡が6月4日でしたから10日も早いことになります。
おそらく、今年は梅雨入りが早い(気温も高い)からでしょう。

蛍がたくさん飛ぶ気候条件は、「気温が高く、湿度が高い。(蒸し暑い)そして、風がない」等。
取材日(5月26日)は、昼間は天気が良く暑かったものの、夜は気温が下がり、からっとした気候。
おまけに、薄雲はかかっていたものの、スーパームーンの前日でこうこうと月明かりが射していましたので、決して適した気候ではなかったのですが、
それでも20時頃になるとたくさんの蛍が飛び交い始めました。

マナーを守って

場所にも条件があります。
暗くて、茂みがある場所。観賞時には、懐中電灯を消し、撮影ではフラッシュを使用しない等のマナーを守りましょう。もちろん、捕獲は厳禁です。

エリアも増えた

この場所以外にも、蛍が見れる場所の情報が増えています。保存会の皆さんの里山作りの長年の努力で、徐々に下流にも蛍が生息し始めたのでしょう。

先日の、「カワセミの巣だち」の朗報も含め、湯殿川には自然が戻りつつあるようです。この「境橋」より上流では、医療センター辺りや「和合橋」と「新関橋」の間。
下流では、「白旗橋」や片倉城跡付近などで見る事ができるそうです。

情報はよみっこまで。
090-9248-3441(編集長直通)

蛍の寿命は約1~2週間。
『今年は早いので、見に来られる方はお早めに』と加藤さん。時間帯は、20時から21時頃です。

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
yomikko99@gmail.com

情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

最新情報を
チェックしよう!