ありがとう謙成!ビートレインズ地久里選手の引退セレモニーをリポート!

播田 直之

プロバスケットボールチーム
『東京八王子ビートレインズ』の地久里謙成選手が現役を引退。
プロリーグ参入初年度からチームに貢献してきた選手でした。

ホームゲームでの試合後に行われた
引退セレモニーの様子などをお届けします!!

ビートレインズで6シーズンを戦い抜きました

写真中央、背番号14番の地久里選手

2021年6月6日の対岐阜スゥープス戦勝利をもって、地久里選手が現役を引退しました。
コート内だけでなくコート外では設立したてのアカデミー事業学校訪問活動へ積極的に参加。

地久里選手の献身的な活動がトレインズのプロチームとしての土台を強くしました。

東京八王子ビートレインズ

八王子での最終試合

最終試合の地はホームのエスフォルタアリーナ八王子。

会場には地久里選手へのあたたかいメッセージが送られていました!
こちらの似顔絵はスーパーアルプスの従業員さんが描いたそうです!すごい!

残り16秒に同点3ポイントシュートを放つ

👇2021年5月28・29日に行われた鹿児島レブナイズ戦での、一進一退の手に汗握る好ゲーム。

6シーズンを通じてビートレインズを牽引してきた地久里選手。
土壇場や逆境で光る力強さを体現した記憶に残り続ける素晴らしいシュートでした!!

地久里選手の引退セレモニー

チームメイトからのメッセージには、これまでの地久里選手との想いが溢れていました。

地久里選手は新型コロナウィルスの影響で自身も練習が充分にできない中、大会や練習が出来ない中学生を対象にしたワンコインスクール、地域貢献活動の発案など、プロバスケ選手としての模範を示してくれました。

地久里選手からの言葉。
「練習が辛くても頑張れば、
プロ選手としてこの最高な風景が見られる!」

どれだけ多くの子どもたちに希望や勇気、努力の大切さを言葉やプレイで示してきたんでしょうか!
子どもたちにとって大きな心の財産ですね。

チームの成長を見守り続けるアルプスさんとの固い握手。

対戦チーム鹿児島レブナイズの選手からもメッセージが…

実は鹿児島県出身の地久里選手。
学生の頃に出会い、プロを目指すきっかけとなったのがレブナイズ。

憧れでもあったチームの選手たちと最後に試合ができるのは、バスケの神様からのご褒美かもしれませんね!

地久里選手の言葉

【地久里選手から皆さんへ】

「これまで多くの方に支えていただき、本当にありがとうございました。
6年前、ちょっとだけシュートが上手かった自分を一人前の選手にしてくれた八王子ビートレインズ。
人としての成長や指導する楽しさを教えてくれたトレインズアカデミー。
この組織を支えてくれているスポンサー、いつも僕の背中を押してくれたファン・ブースターの皆さん。

トレインズに関わる皆様がいなかったら、僕はここにはいないと思います。
6年間、本当にありがとうございました。

播田 直之

素晴らしい試合を観覧して、皆さんに愛される地久里選手の記事を作らせていただき本当にライター冥利に尽きます。

新天地での地久里選手のご活躍と、八王子のバスケ界に今後も是非、関わっていただくことを願っています!!

激レア品がオークションに!!

選手直筆サイン入り のぼり旗 オークションやってます!!


情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

最新情報を
チェックしよう!