【よみっこ】フランス仕込みのパン屋さん Salle de Bains (サルドゥバン)

地域情報紙「よみっこ」

皆さんこんにちは!
別名『八王子のサン・ジェルマン・デ・プレ』とも呼ばれ、おしゃれな店が並ぶみずき通り。
今回はその一番奥にある小さな可愛いパン屋さんをご紹介します。

フランスで修業

『かわいい』は今や、世界共通語の『CAWAII』となっています。
今回のパン屋さん、サルドゥバンは、本当に『かわいい』。
手書きの看板、2坪ちょっとの売り場。飾りつけも何もかも。女性好みの『かわいい』店です。

『かわいい』外観。お風呂屋さんももちろん、営業中です。

ところが、味はがっつり『フランスのパン』、妥協はありません。
それは『サルドゥバン』のオーナー、小澤美和 (旧姓松井) さんが、フランスが好きでフランスに留学、そしてフランスのパン屋さんで修業をしてきた『生粋のフランスパン好き』だからです。

が、ちょっと待ってください!『フランスパン』といっても、皆さんが想像するあの長いバゲットだけではありません。
店内は、常に約30~40アイテムが入れ替わっていますが、クリームパンやカレーパンなど『日本人が好き』なパンもたくさん。メレンゲなどのお菓子もあります。

「修業したのはフランスのリヨンという町の店だったのですが、そのオーナーのボブの作るパンがすごくおいしくて。」 (美和さん)
フランスも地方によってパンのレシピは異なったりするのですが、ブルターニュ生まれのボブは、特にクロワッサン、そしてクイニーアマンなど甘いパンが得意だったそうです。
「今でも当時のレシピを大事にしています。」 (美和さん)

ということで、がっつりバターと塩も生かした『フランスのパン』もたくさん、この店には並んでいます。

美和さん(右)、明美さん姉妹、ママになってもがんばります!

パンを焼くのはフランスに行っていた美和さんの役目

お風呂屋さんが一家団結

オープンしてからもうすぐ15年。美和さんと妹の明美さん、そしてお母様の明子さんの3人でお店を回してきましたが、お父様も兄弟も、いろいろ手伝ってくれています。

実は、松井家は、代々続くお風呂設備屋さん。店名も『お風呂』というフランス語です。
パンの販売店舗も、工場も、以前は『売り物のお風呂やガス製品』が並んでいたところ。
床は、昔ながらのタイル張りなのが、レトロでいい感じです。

「父が、売り場の内装は全部作ってくれて。母は、最初は“パン屋なんて続かない”とか言っていたのに、今ではプロデューサーとして仕切っています。(笑)」(美和さん)
この15年、美和さんと明美さんは、結婚しお母さんになり、週に6日営業していた店も今は水、金、土の週3回の営業になりましたがだからこそ、お客様が並ばれるくらい人気の店です。

フランスの雰囲気と味そのままの『八王子のかわいい店』サルドゥバンのパンをぜひ、一度食べてみてください。(取材 : 高田)

パンを並べる棚は、お父さん手作り

ボブクロワッサン140円、パンオショコラ170円、パンオレザン190円どれもフランスの味

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
yomikko99@gmail.com

情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

boulangerie Salle de Bains (ブーランジェリー サルドゥバン)

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市本町25-16
アクセス
八王子駅 徒歩15分 / 京王八王子駅 徒歩15分 / バス停「横山町三丁目」徒歩4分
営業時間
水・金・土曜日 10:00~18:00 (売り切れ次第閉店)
定休日
日・月・火・木曜日
電話
042-623-6938
Instagram
@boulangerie_salledebains
備考
水曜は食パンと一部のパンのみの販売
最新情報を
チェックしよう!