八王子駅至近の隠れ家 八王子市横山町『旬彩たちばな』

地域情報紙「よみっこ」

和食に始まり和食に還る…。
長年、グルメ雑誌取材をしてきた筆者は最近そう思います。
そして、和食の料理人ほど「腕」に差が出る仕事はないとも。そんなことを感じさせる、名店が八王子駅近くにあります。

ご夫婦が奏でる和食で幸せなひと時

筆者は仕事柄、これまで何回、「和食のコース」を食べたことでしょう。
20代から数えれば千回?二千回?もっとかな…。ごめんなさい、数え切れません。京都の名店の料理も何回もいただきました。金沢も、福岡も、そしてお膝元の東京でも。
その中で、記憶に残るコースは数少ない。今回の「旬彩たちばな」のコースは、その数少ない数回です。

夜のコース(4500円)の前菜。すべての素材に細かい仕事が。

その理由は?コースの一品一品に手抜きがない。一皿ごとに楽しめ工夫しているのが手に取るようにわかります。
正直、この取材のため、この1か月で3回、たちばなの夜の4500円のコースを食べたのですが(そのくらい気に入ったわけですが笑)、その3回のコースが少しずつ、趣が異なるのです。
これはご主人が、お客さんを見ている証拠。そして、「食べた人を喜ばせたい」という職人としての矜持でしょう。

銀むつの味噌漬け(880円)いくらでも白飯が食べられる濃厚さ

福島生まれのご主人、柿沼さんは、お若いころから様々な和食を経験し、会席料理、ふぐ、天ぷら、うなぎ、何でもできるオールラウンダー。最近では、この様な「なんでもできる」職人さんは少なくなりました。
単品を見ても、自家製からすみ、塩辛、銀むつ味噌漬け、手作り温あつ豆腐と「きちんと仕事をした」メニューが並びます。おしんこも既製品ではありません。特に銀むつ味噌漬けは「これでごはん数杯食べる人もいるんですよ」(ご主人)という逸品。
全体的にメリハリの利したしっかりとした味付け。これは「江戸の日本料理」の流れを汲んでいるともいえ、八王子の味でもあります。

奥様の笑顔も素敵

ここは2005年、柿沼さんご夫婦が始めました。ビルの2階という立地ですが、緊急事態宣言解除後、待ってましたとばかりファンが訪れています。
特に夜はすぐ「今日はご予約のお客様での営業とさせていただきます」の看板が外に出るので要注意(笑)。
それはもちろん、ご主人の「腕」によるのですが、それをフォローして余りあるのが奥様で女将、美智子さんの「人柄」。沖縄生まれの明るい美智子さん、実は介護職のプロフェッショナルでずっと介護施設に勤めつつ、お店を支えてきました。
「今は介護職は定年で、お店専業なんです。もう、体が楽で楽で(笑)。楽しく仕事しています」(美智子さん)。
介護職を経験してきたからか、美智子さんのサービスはきめ細やか。お客様の食事の進み具合を的確に把握し、ここぞというときに次のお皿を出してくれます。最近、こういうサービスをしてくれる方も少なくなりました。美智子さんと話したくて、夜、カウンターで飲みに来るおひとりのお客様も。うん、確かに「何かを相談したくなる」キャラクターです。

とても仲がいい、柿沼ご夫婦

ランチは1100円のメニューもありますが20食限定で、すぐ売り切れてしまうとか。
湯葉と豆腐を中心としたヘルシー会席膳2900円(要予約)がおすすめ。夜も3200円、4500円のコースがお勧めですが、単品で飲むことも可能です。お座敷もあるため、やっと許された8人までの忘年会もできます。
様々な使い方ができる「旬彩たちばな」で和食のすばらしさを再確認してください。
※なお、店内はディナー時のみ喫煙可になっていますが、タバコが苦手な方は、予約時にお伝えくだされば、女将が配慮してくれます。(取材:高田)

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
yomikko99@gmail.com

情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

旬彩たちばな

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市横山町3-9 豊和本社ビル2F
アクセス
八王子駅北口 徒歩3分 / 京王八王子駅 徒歩5分
営業時間
11:30~13:30 / 17:00~23:00
定休日
日曜日
電話
042-646-3708
Webサイト
https://shunsaitachibana.com/
最新情報を
チェックしよう!