ミニチュア作家のアトリエ兼ギャラリー『アートギャラリー春しるべ』

地域情報紙「よみっこ」

既にテレビやCMなどで取り上げられ、その精密で可愛い作品に多くのファンを持つミニチュア作家、谷本朋子さん
3/18、高尾駅近くに、彼女のアトリエ兼ギャラリーが誕生します。

細かく温かい

谷本朋子さんの作品との出会いは、約6年前、八王子市内で行われたある映画上映会でした。その上映会の入り口に朋子さんのミニチュアドールハウス」が展示されていたのです。その細かさ、同時に何か温かみを感じるドールハウスに一瞬で虜になってしまいました。

写真:製作中の朋子さん

その時に入り口にいたのは、旦那さんの谷本広幸さん
「素晴らしい作品ですね」とお声がけすると、「ええ、妻はオリジナルの作品の他に「思い出を残す」作品作りもしているんですよ」とのこと。
今回、その「思い出を残す」ミニチュア作品のことを詳しく聞きました。

娘さんを交通事故で

朋子さんがミニチュア作家になったのは、まだ小学生だった娘さんを交通事故で亡くしたことがスタートだったと言います。「朝、『いってらっしゃい』と見送って。それが最後でした」と朋子さん。

その後のことを多くは語りませんが、それを機に「人の心に寄り添える作品作り」をテーマに。もともとの才覚があったのでしょう。朋子さんのミニチュア作品は瞬く間に評判になり、NHKでも取り上げられました。
朋子さんの作品作りはまず、お客様が残したい建物や風景の写真などを見るのはもちろん、お客様とお話しし、建物や風景の特徴だけではなくお客様の「思い出」もそのミニチュアに反映させます。

写真:取り壊される保育園を残したミニチュア

写真では表現できない空気感、世界観をミニチュアにするのです。
約65年営業していたお風呂屋さん築100年の古民家を「お話と写真で」再現。
出来上がった作品を涙を流して眺めるお客様の姿に、作る朋子さんも癒されるそうです。

過去の作品例はこちらで見られます↓
■ミニチュアドールハウス RUNA

あなたの思い出も

そして、3/18念願のギャラリーをJR高尾駅から徒歩約5分の甲州街道沿いにオープンしました。ここは、アート作品を展示販売したい作家さんに貸し出すほか、朋子さんの作品も陳列しています。奥には、朋子さんのアトリエが。

写真:谷本夫婦が「あなたを癒す」ギャラリーを作りました 朋子さんへの作品発注のご相談などは、まず電話をしたほうが確実です

昭和40年代に建てためじろ台の一軒家を壊すんだけど、それをミニチュアで残したい」そんな相談ももちろん可能。高尾の小さな新名所、ぜひのぞいてみてください。(取材:高田)

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
yomikko99@gmail.com

情報提供くださった方に、毎月Amazonギフト券をプレゼント!

高尾アートギャラリー『春しるべ』

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市高尾町1548-5
アクセス
高尾駅北口より徒歩5分
営業時間
11:00~18:00
定休日
木曜日
電話
090-6136-3676
メール
inho@harushirube-takao.com
Webサイト
https://dollhouse-runa.com/
備考
駐車場なし
最新情報を
チェックしよう!