そういえばリニアどうなった?橋本駅の現在の様子をお届け!

おか

そういえば橋本ずっと工事してるけど、結局リニアっていつできるんだ…?
ふと疑問に思い最新情報をいろいろ調べてみました!
実際に橋本駅へも足を運び、工事の様子を見てきましたよ〜!

リニアとは何か?

そもそもリニアとは何なんでしょうか。
すごく簡単に説明をすると、「車体についている超伝導磁石と、軌道に付いているコイルの間に発生する磁力により浮上して走行する仕組み」なんだそう。

速さはなんと時速約500キロメートル。
新幹線の速さは約300キロメートル前後なのでリニアの方が断然速いです!
2015年に実施された走行試験では時速603kmを記録しているそう。

同じ区間を航空機で移動する場合と比較すると、一人当たりの二酸化炭素の排出量は約3分の1。
時間短縮に加えて環境にも優しい移動手段と言えそうです。

停車駅は?

以下の6駅は既に決定していて工事が進んでいるようです。

・品川駅
・神奈川県駅(仮称)
・山梨県駅(仮称)
・長野県駅(仮称)
・岐阜県駅(仮称)
・名古屋駅

神奈川県駅(仮称)が現在の橋本駅付近にできる予定の駅です。
最終的には大阪まで走行予定ですが、名古屋から先の駅はまだ詳しく決まっていないようです。

東京から大阪まで何分かかる?

リニアで各地点をどのくらいの時間で移動できるのでしょうか。
計画では東京〜大阪間は67分、東京〜名古屋間は40分で結ばれます。
橋本駅付近にできる神奈川県駅(仮称)から名古屋駅までは各駅停車で60分、品川駅へは10分で行けるそうです!

大阪や名古屋への所要時間も驚きですがもう一つ驚きなのは品川駅へ10分ということ!
仕事で都心へ通う身としては、毎日リニアを使えたらどんなに幸せかと思います…。

完成予定は?

当初は品川〜名古屋間は2027年の開業予定で、その後大阪までの開通工事が進められる計画でした。
しかし静岡工区における水資源への影響について県や市町村の理解を得られず、工事が進められない状況が続いています。
2027年の開業は現時点では難しいようです。

リニアができて橋本はどう変わる。第二の新横浜に?

相模原市ではリニア開通に伴い様々なプロジェクトが計画されています。

相模原駅、橋本駅を中心に「広域交流拠点」を形成し、東京、関西、湘南方面等のハブシティとしての役割を果たすことを目指しています。

広域交流拠点の形成のため、
両地区にオフィスビルや起業支援施設、宿泊施設や医療福祉施設等、
橋本地区にはそれにプラスして産業交流施設や研究・教育施設等、
相模原地区には広域防災拠点やスポーツ・アート等交流施設等

の設営が計画されているようです。

リニア開通によって街が生まれ変わっていくのは楽しみですね!
本当に今の新横浜のような、またはより発展した都市になるかもしれませんね。

現在の工事の様子

実際に橋本駅に行って周辺の様子を見てきました!

こちらは橋本駅南口付近。
アリオ前の道路までずっとこの白い囲いが続きます。

工事現場に設置してある看板は2027年3月までの予定になっていました!
神奈川県駅は完成してもリニアが走るのはまだ先…ということもあるんですかね。

橋本駅からアリオに向かう途中の道路でも工事をしていました。
道路の一車線が歩行者用道路になっています。

どうやら歩道の切下げと植栽撤去を行なっているようです。

工事現場を上からも見てきました。
当たり前ですがかなり広大な土地です。
元々は相原高校などがあった場所ですね。

採掘作業が進んでおり工事現場には巨大な穴が!
神奈川県内の走行は大半がトンネル内になるそうです。

おか

いかがでしたでしょうか。
今は都心や新横浜から新幹線で行く必要がある名古屋や大阪へ、橋本からリニアで行けるとなったらとても便利ですね!
交通の拠点として橋本周辺も発展していくこと間違いなしです!
今後の動向もチェックしていきたいと思います◎

【参考】

・リニア中央新幹線|JR東海
https://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp

・橋本駅南口(付近)にリニア駅を設置、段階的にまちづくり!
https://www.asthmt.jp/contents/code/linear

・広域交流拠点都市推進戦略について – 相模原市
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/area/koikikoryu/citydev/12.html

毎月Amazonギフト券をプレゼント!
最新情報を
チェックしよう!