【よみっこ】猫の顔が愛らしい ねこやき 桑都テラス『猫間』

【よみっこ】猫の顔が愛らしい ねこやき 桑都テラス『猫間』
地域情報紙「よみっこ」

桑都テラスのお店紹介シリーズ、猫間さんの「ねこやき」。 キュートな猫型の和スイーツです。

耳まであんこが入ってる

「すぐ近くにある『喜久屋さん』に空襲を逃れた招き猫があり、その猫をオマージュして(敬意を表して)『ねこやき』を作りました」と店長の丸田仁未さん。
以前は千葉県に住み、浅草などの飲食店に勤めていましたが、友人が住む八王子に来るうちに、そのフレンドリーな雰囲気と八王子市民の地元愛に影響され、この店の店長になってしまった(?)という。

ねこやきと招き猫を手に、店長の丸田さん

ねこやきとは?

まつ毛が長い何とも言えない猫の表情。顔からかぶりつくのは何となく気が引けたので、まずは耳から。「おッ。耳にまであんこが入ってる」なんか得した気分。生地は、鯛焼より少し洋菓子風で、もちもち感もあるオリジナルな食感。中のあんこは上品で適度な甘さ。それもそのはず、八王子で最も古い和菓子屋の一つ「青木万年堂」さんの粒あんを使っています。

この猫らしい何とも言えない表情が人気(粒あん・カスタード:250円)

食べ終わっても、耳の部分まで入っていたあんこの事が忘れられない筆者。作り方を見学させていただくことに。焼いていたのは、「愛媛からこの仕事のために八王子に来ました」という西山さん、22歳。鯛焼機ならぬ、ねこやき機に素早く生地を入れ、ダンゴ型のあんこを生地の上に置くといつの間にかあんこがハート型になっています。瞬時にハート型にする手さばきは、まさにねこやきのプロ。

耳まであんこが入るようにハート型にします

西山さん

若い人に人気のカスタード味もあります。ボリューミーで、どちらも1個250円。食べ歩きに、ご近所や八王子土産にと重宝しそうです。桜あん(春)、バレンタインチョコなど、季節限定味も楽しみです。

取材後、ねこやきのデザインの元になった招き猫を見に行きました。すぐ近くのユーロードにある仏壇屋「喜久屋」さん。なるほど!八王子空襲をくぐり抜けた強運の招き猫。説明書きもありますので寄ってみてください。あなたの運気もアップするかも。(中塚)

喜久屋の招き猫

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
[email protected]

桑都テラス

※情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認ください。

住所
東京都八王子市中町11-8
アクセス
八王子駅北口 徒歩7分
Twitter
@soto_terrace
Instagram
@soto_terrace
店舗情報を開く

WRITER

地域情報紙「よみっこ」

地域情報紙「よみっこ」

記事一覧

八王子を中心とした超地域密着型(ハイパーローカル)の地域情報紙です。新聞配達の流通を使い週6日発行・お届けをしています。※現在は読売新聞の購読者に限定して、朝刊に折り込む形で発行しています(日刊:5,000部)。八王子(主にめじろ台1~4丁目、緑町、山田町、椚田町、狭間町、館町、小比企町、寺田町、大船町、西片倉2~3丁目、みなみ野、七国※一部分に配布されないところもあります)に配達されています。