伝統和菓子の風味が新しい!川口町で愛される信頼の和菓子店『鮎川』

num

秋川街道で、黒っぽくてかっこいい店構えの和菓子店を見つけました。伝統的な和菓子が多い中、ここでは新しいアイデアが取り入れられてますよ!

和菓子は五感でたのしむ!!
これが醍醐味です。今回も、新しい驚きをご紹介しますね。

川口町の和菓子店『鮎川』

秋川街道を武蔵五日市方面に向かう途中に見えてきます。

創業40年。
1990年に現在の地に移転されたそうです。
『鮎川』

所在地 : 東京都八王子市川口町1569−11


店舗の隣に、大きな入りやすい駐車場があります。

こちらが、ご主人の鮎川さんです。

鮎川さん

毎年、諏訪神社のお祭りに、まんじゅうを出してます。イーアス高尾『わくわく広場』でも、和菓子や おこわが買えますよ!
和菓子店の『おこわ』ぜひ、食べてみてください

赤飯 432円 / 山菜 432円

※季節や店舗で品揃えが変わりますので、ご了承ください。

だんごのうまさ再発見!

『鮎川』さんには、いそべだんご70円、みたらしだんご70円がありました。
いそべだんごは、海苔の風味が ふわっと広がります。

みたらしだんごは、甘さとしょっぱさのバランスが絶妙です。
とにかくもちがおいしいです!
お団子ってこんなにおいしかったんだ!!

num

「もち米」を知り尽くしているから、おだんごおこわもおいしいんだ!

和菓子屋さんは、おもちのプロでもあるんですよね。新たな気づきとなりましたよ!

全国菓子大博覧会 金賞受賞の和菓子

こちらが金賞受賞の『武州今熊太鼓』180円です。

封を開けると…太鼓の形の最中が出てきましたよ!
店頭では黒/白と呼ばれています。中のあんの色のことのようですね。

ピンク色の皮の最中がかわいいですね。皮がほどけるような柔らかさで、あんはどちらも程よい甘さです。あんがツヤツヤです

贈答用に『武州今熊太鼓』はもちろん!
他にも『カステラ』『羊羹』もオススメだそうです。

次に、定番のおまんじゅうを少しだけご紹介しますね。
『かぼちゃまん』90円(左) ⏤かぼちゃのあんは甘さが凝縮されていて、皮は薄いけれど、しっかりめで食べ応えがありますよ。

『豆大福』110円(右) ⏤もちが、とろとろです

表面の豆の硬さと、中の粒あんのなめらかさと、このもちのトロトロ感!!
柔らかいうちに召し上がれ!

定番のようですが・・・新しいんです!!

クラッシックな和菓子に見えるでしょ!?
でも、ひとつひとつ、風味が新しい
んです!
鮎 150円 / 八王子美人 150円 / どら焼 150円

中の色を見てほしいんです。こんな感じですよ!
『鮎』⏤求肥がうっすらグリーンなんです。さらに食べてみると、ほのかにゆずの香りがします! 求肥にゆずが練り込んでありました。皮も求肥も、甘みは最小限で、食感と香りを楽しめます

左は『どら焼』⏤皮のほうから、蜂蜜が香ります。皮が甘くておいしい!あんは、甘さ控えめな「粒あん」なのですが、とてもなめらかです。ご主人の、丁寧なこだわりを感じますね。さらにちょっとあんが黒いのがわかりますか?
右は『八王子美人』⏤あんがりんごなんです。りんごあんおいしい!皮が軽いです。米粉が配合されているからだそうです。

上菓子にチャレンジです!

【春限定】生菓子『うぐいす』140円
透けるように薄い皮と、とてもなめらかなこしあんです。ほのかな甘みにうっとりします。

上菓子ってなんてクリエイティブなんでしょう!
左は『亀』220円 ⏤亀の表現がかわいいね。
右は『つつじ』220円 ⏤こんもり茂った新緑の葉の上に、つつじの花が咲いていますよ。繊細な手仕事です。

下は『かのこ』220円 ⏤つやつやです。中はなめらかな、こしあんです。

num

上菓子って、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? 私は、”おやつ感覚”で上菓子を買ったことがありませんでした。

でもこれからは、季節の花を楽しむ気分で、上菓子を楽しんでみようかな〜と思います。だって、八王子にはこんなにたくさん和菓子店があるのだから!

八王子って・・・いいね!

毎月Amazonギフト券をプレゼント!

和菓子 鮎川

テイクアウト 実施中。

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市川口町1569−11
アクセス
西八王子駅から車で20分
営業時間
8:30~18:00
定休日
月曜日
電話
042-654-4936
Webサイト
http://kawaguchi-shotenkai.com/shoplist/ayukawa/com_ayukawa.html
備考
駐車場有
最新情報を
チェックしよう!