濃厚鶏白湯や奇抜な限定も!土日の間借り営業『らぁ麺 鶏と鳴く。』

2022年1月10日のオープンから今月で1周年を迎える『らぁ麺 鶏と鳴く。
京王八王子駅近く「鴨中華そば楓」の隣にある“ラボ”と呼ばれるスペースで、毎週土日の日中帯に間借り営業しているお店となります。

所在地 : 東京都八王子市明神町3-24-12

レギュラーメニュー

通常メニューは『らぁ麺(醤油・塩)』の2種類。そこにお好みでトッピングしていく方式となります。

らぁ麺(醤油) 800円

まずは醤油味から。茶褐色のスープに、見るからにしっとりしている鶏むねチャーシューと青ねぎが美しい一杯。

れんげでスープをすくってみると、かなりもったりした濃度。濃厚な鶏白湯が好きな人にはたまらない濃さです。

麺は多くの人気店が使う「田村製麺」の中細ストレート麺。鶏白湯らーめんは細めの麺を合わせることが多いですが、こちらの店では中細麺を使っていて、濃厚スープに負けない存在感を出しています。

らぁ麺(塩) 800円

こちらは塩味。シンプルな見た目ながらも、やはり鶏チャーシューのきめ細かな肉質が異彩を放っています。

醤油味とは打って変わって黄金色のスープ。同じく濃厚な鶏白湯スープとなっています。好みにもよりますが、鶏の味や風味をダイレクトに味わいたい方は塩のほうがいいかもしれません。

しっかりスープを持ち上げてくれる麺。すすり心地のいい麺にスープが絡みついて、最後までおいしくいただけます。

限定メニューが魅力的

不定期に提供される限定メニューも非常に魅力的です。

台湾まぜそば 900円

たとえば2022年10月の第2週に提供された「台湾まぜそば」
パンチのある極太麺にニンニクやニラ、魚粉が複雑に混ざり合う刺激的なメニューです。

辛さを増すことができ、2段階上の辛さにしたらまぜそばのソースがオレンジ色に。辛さのポテンシャルも高いお店だということがわかります。

そのほかにも「トリュフ香る鶏白湯」「八王子ナポリタンまぜそば」「ガーリックテリタルまぜそば」など、奇抜な限定メニューが毎週のように提供されるため、何度行っても楽しめるお店となっています。

また麺メニューだけでなく、サイドメニューの丼ものも限定メニューがあり、こちらも人気です。

元ビジュアル系バンドをしていたという店主のJin(ジン)さん。
髪型などにその頃の面影が見てとれますが、非常に礼儀正しく、ラーメンの研究にとても熱心な方です。

いま提供している鶏白湯ラーメンでも十分濃厚なのですが、
「もっとクセのあるラーメン」「肉肉しい、鶏そのものを食べているようなスープ」を作りたいと語るJinさん。今後どのような一杯を作っていくのか、目が離せません!

毎月Amazonギフト券をプレゼント!

らぁ麺 鶏と鳴く。

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市明神町3-24-12
アクセス
京王八王子駅 徒歩3分
営業時間
土・日曜日 11:00~14:30
定休日
月〜金曜日
Twitter
@galtzjing
Instagram
@galtz_jin
備考
土日のみの間借り営業。
最新情報を
チェックしよう!