中町名店のおむすびを受け継ぐ『おむすびらんち ぶうあ』

地域情報紙「よみっこ」

数年前に閉店した中町の焼鳥「香川」。
昭和から平成にかけて中町で一、二番を争う繁盛店でした。同店の名おむすびを引き継いだ人気店「おむすびらんちぶうあ」をご紹介します。

幻の名店のおむすび

座るだけで1万円」ともいわれた高級店「香川」で出されていたオリジナルのおむすび。それをそのまま再現したのが「おむすびらんちぶうあ」のおむすびです。

写真:昼はおむすびやさん、夜は会員制バーに

香川の常連だった「ぶうあ」のオーナー、五十嵐朋絵ママ。彼女はご自分の経営する会員制バーで前々から大好きだった香川のおむすびをお客様に夜食で提供していました。それをコロナ禍をきっかけに、ランチで提供するようになったら大好評。

「香川さんにレシピを聞いて、具材のこだわり、ご飯の炊き方、ゴマの炒り方、そして握り方まですべて教わって作っているんですよ」(朋絵さん)。

握ってない

実際に一番人気の鮭のおむすびを食べてみました。口の中に有明産一番摘み海苔の香りがフワッ。丁寧に炒られた磨きゴマの旨味がジュワッ。そしてご飯が舌の上でほぐれたかと思うと鮭がいいタイミングで主張します。

写真:おむすびらんち2個セット¥650(税込) おむすび2個、卵焼き(前川焼き)、お漬物、はんぺん汁
おむすびは好きな具を2つ選べます。1個セット\350、3個セット\850

これ、握ってないですよね?と聞くと、「ええ、決して握っちゃだめよ、と香川さんのお達しで(笑)」(朋絵さん)。米粒同士が「くっつきすぎていない」のです。

写真:「ご飯は握りません、ふわっと1回触るだけ」って、素人には無理⁉

ともに供されるはんぺん汁も香川さんのレシピ。
付け合わせの卵焼きはご近所の「割烹渡邉」さんのもの。すべてが行き届いていて大満足のお昼ごはんです。3名までならイートインもできるので、お友達といかがでしょう。

そして、7月29日~31日まで南大沢マルシェ」でも出店します。当日は、いつもおむすびを作っているさくらさん、朋絵ママはもちろん、ママの2人の息子さんたち総出で、「美味しすぎるおむすび」を売っています。

南大沢マルシェ×子ども夏祭り

2022/7/29(金)~31(日)
雨天決行
10:00~20:00 南大沢駅前歩道

地場野菜・全国の産地直送の新鮮野菜やご当地グルメ、八王子の逸品がいっぱい!

「ずっと中町で仕事をしてきたのですが、南大沢のマルシェに参加したら、運営の方、出店者、お客様も皆、優しくて。八王子っていろんな顔があるんだなあと」(朋絵ママ)。中町も南大沢もぜひ、顔を出してむすんでないおむすび」を試してみてください。(高田)

地域情報紙 よみっこ

最後までご覧いただきありがとうございます。
よみっこへのご意見・お問い合わせは、下記のメールアドレスへご送付お願いします。
​広告掲載についてもお気軽にお問合せください。

よみっこ編集局
yomikko99@gmail.com

毎月Amazonギフト券をプレゼント!

おむすびらんちぶうあ

テイクアウト 実施中。

情報は取材当時のものです。来店の際は公式情報をご確認下さい。

住所
東京都八王子市中町6-6 1F Bua
アクセス
八王子駅北口 徒歩6分
営業時間
11:00~14:00 (電話注文は10:00~) ※売り切れ次第終了
定休日
日・月・火
電話
042-686-2255
Webサイト
https://omusubibua.crayonsite.com/
Instagram
@_buadayo_
最新情報を
チェックしよう!